Think like Talking

話すように考えるか、話すだけで何も考えないか

高校生就職活動のコツ

f:id:Solomonk:20200927124150j:plain

高校生の就職活動のコツ

高校生の就職活動でまず頭に入れておくべきことは、
1.最初の会社である一社目を大切にする
2.バイト感覚の就活をしない
ということです。

 一社目を選ぶ事を大切にする

人生初の就職活動。そして正社員として初めての会社。
この最初の会社は、社会人がどのように生活をして、マインドを持って、さらにどのように仕事を進めているのかを教わる、大事な一社目である必要があります。一社目で学ぶ仕事の基本は良くも悪くも、その人の仕事の仕方に一生影響します。
 

一生の仕事の基本を教えてくれる一社目

仕事の基本は、一般的に学校を出てすぐの1、2年目だからこそ教えてもらえることが多いのです。一方で学校を出て3年目以降になると「こんなのもわからないのか」と徐々になってきます。学校を出て何をしてきたんだ?となってしまいます。
だから「一社目」という、いわゆるキャリア最初の数年を使う最初の会社はこだわらないといけません。
 
これはバイトではないのです。
 
一社目にこだわっていい会社や上司に恵まれると、仕事の品質、期日を守り方、交渉の仕方、仕事の進め方、報告の仕方、話の聞き方、話のまとめ方、体調管理、組織内での責任の持ち方など多くのことを教えてもらえます。いわゆる仕事をする基本中の基本を教わるでしょう。どれも社会人として1,2年目で教わる重要なことです。
 
それなのに、一社目の就職の大切さをしっかり考えていないように見えるのです。もうすこし、慎重に真剣に考えてみるべきポイントだと思います。

 バイトを選ぶ感覚での就職をしない

私が高校生の就職活動に携わり始めた最初の数年の高校生就職活動を見ての印象はバイト感覚で就職活動を捉えているように見える、が第一印象でした。見ていると高校就活生で、この業界、この会社がよくて、このような仕事がしたくて、という考えを持っていない就活生が多い事がすぐに分かります。
 
一方で「高校生ではまだわからない」という本音もあるかもしれません。でも「わからない」で就職活動をするあとでそのツケが回ってきてしまいます。
 
就職、とくに正社員入社はバイトの入社ではありません。すぐ変えればいいや、という感覚での就職では社会人としての責任があるとも言えないし、そもそも考え方が幼いと言われてしまう。
一社目は少なくとも数年間働く可能性が非常に高い会社です。しかし、腰掛けのバイトの感覚で決めているように見えることが多々あります。

数年先のキャリアを考えた就職をする

なんとなく知っているからあの会社、という就職は後で大変になります。でも、なんとなく知っているで決めることが多いのではないかと考えます。
昨年まであった合同説明会では、かっこいいブースに集まる傾向があることと、商売として名前が広まっているものの、その会社に就職しても数年先のキャリアイメージが沸きにくく、若い人の離職率が高い会社に、ただブランドイメージだけで集まっているように見えるからです。
これは企業による商売におけるブランディングの成功といえます。
ただ、就職ではその考え方は一旦よそに置くべきです。前述のように高校生の場合は「聞いたことがあるから」という理由で志望する会社が多数に見えます。ここで踏みとどまって、聞いたことがある会社という理由だけ志望するのではなく、数年先の自分の姿を考えて志望先を決めてほしいと思います。 

「バイト」ではなく「就職」する

いまから長くしなければならない仕事と、数年先を考えないければいけない自分のキャリアプラン。
その出発点である一社目には十分にこだわってもらいたいと思います。